日本食はそこにある最高のものの1つです。ここジャスミン食堂で食べるべき理由をすべて見つけてください。あなたが日本食を食べる必要がある主な理由は次のとおりです:

1。それは本当に、本当に安いです!ほとんどの日本食レストランは、顧客が好むので、少量で安価な部分を提供しています。非常に低価格でたくさんのおいしい食べ物を食べることができるので、予算が限られている場合、これは大きな利点です。

2.注文は簡単です。日本では、ほとんどのレストランのカウンターの後ろに料理が陳列されており、メニューを見渡してウェイターに何が欲しいかを伝えることができます。メニューに写真はありません。代わりに、言葉だけがあります。

3.健康です。日本食レストランで出されるほとんどすべての種類の食品は、脂肪が少なく、カロリーが少ないです。フライドチキンやマッシュポテトなどの「コンフォートフード」でさえ、400〜500カロリーしかないことがよくあります。

4.便利です。おいしい日本食を手に入れるために、特定の場所に行ったり、特別な措置を講じたりする必要はありません。外に出て食料品を買ってから外に出て食べるだけです!

5.部分が大きいです。ほとんどの日本食レストランは膨大な量を提供しています。アラカルトで注文すると、ほとんどの場合、食べることができるよりもはるかに多くの食べ物が提供されます。

6.日本食は栄養価が高い日本には加工食品はあまりありません。これは、人口のほとんどが「古」の食事をとっているためです。つまり、未加工の肉、魚、家禽、野菜、そしてパンやジャガイモなどの古くないものがいくつかある果物をたくさん食べます。加工食品は塩分が多く、防腐剤が多く含まれているため、日本では一般的ではありません。これが日本料理がとても健康的である理由です。ナトリウムが少なく、防腐剤がほとんどなく、カリウムが自然に多いため、体内の体液バランスを維持するのに役立ちます。これらすべてが、より大きなエネルギーとより良い全体的な健康につながります。

7.日本食は他の料理よりも多くの抗酸化物質を持っています!抗酸化物質は健康のために重要です。それらはフリーラジカルがあなたの細胞に損傷を与えるのを防ぐのを助けます。フリーラジカルは、ガン、心臓病、および他の多くの健康上の問題を引き起こす可能性があります。ただし、ほとんどの食品にはいくつかの抗酸化物質が含まれています。しかし、食品中の抗酸化物質は通常、一緒に機能しません。たとえば、オレンジを食べると、リンゴを食べるよりも多くの抗酸化物質が得られます。しかし、2つを一緒に食べると、抗酸化力ははるかに高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira